青汁とはこんな飲み物です

みなさんは青汁と聞いてどういったイメージを抱きますか?
大半の人が「不味い」「苦い」というイメージを抱くはずです。
そんな青汁の味ばかりがクローズアップされがちなので、そもそもどんな飲み物なのかよく分からないという人も多いと思います。
まず、青汁とは生の緑黄野菜をすりつぶして、そのエキスを抽出したものです。
なぜ生にこだわっているのかというと生野菜の方が栄養価が高いからです。
野菜は加熱してしまうと栄養価が失われてしまうので、どの青汁も生野菜を使用しています。
そして、青汁が誕生したきっかけは野菜不足を解消するためです。
生の野菜を普通の生活の中で食べようと思ってもそう簡単にたくさん食べることはできません。
調理をすれば味を変えることができますが、生野菜だと味に変化がないので毎日食べ続けるのは難しいですよね?
特に野菜が苦手な人だとそんなにたくさんの量を食べることができないはずです。
そこで誕生したのが青汁です。
青汁には生野菜の栄養がたっぷりと含まれているので、飲むことで手軽に野菜不足を解消できます。
健康のためには1日350g以上の野菜が必要だといわれています。
この量を食事だけで毎日摂取するのは不可能に近いので、青汁で不足分を補ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

人気青汁クチコミランキング

情報

詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

青汁は花粉症に効果的!

日本人の4人の1人は花粉症に悩まされているといわれています。
一度、花粉症が発症すると治すのが非常に難しく、一生付き合っていかなくてはいけません。
病院から処方される薬も治すためではなく、症状を改善させるためのものです。
さらに薬には副作用があり、症状が改善してもその副作用に悩まされることもあります。
花粉症になると酷い鼻水やくしゃみ、涙に襲われるため、仕事や勉強に大きく差し支えます。 そんなやっかいな花粉症に効果的なのが青汁です。 あまり聞いたことがないかもしれませんが、青汁は花粉症の改善に有効な飲み物なのです。 青汁にはケールという植物が原料として使用されています。 そのケールにはフラボノール配糖体というポリフェノールの一種が含まれており、これが花粉症に効果を発揮します。 フラボノール配糖体はインターロイキン4と呼ばれるアレルギー誘引因子を抑制する作用があり、花粉症の症状を緩和させるのにとても有効です。 薬だと副作用があるので飲むのに抵抗があるかもしれませんが、青汁なら副作用の心配がないのでおすすめです。 ただし、最近の青汁の中にはケールをあえて使っていないこともあるので、花粉症対策のために飲む場合は原料をしっかりとチェックしましょう。

 

 

青汁がダイエットにいい理由

ダイエットを始めても一向に痩せない人や途中で挫折してしまって続けられない人も多いはずです。
特に食事制限ダイエットは非常に続けるのが難しいです。
みなさんの中にも痩せたくても食欲には勝てなかったという人もいるのではないでしょうか?
ただ、食事制限ダイエットはそれほどおすすめできるダイエット方法ではありません。
食事を制限するということは栄養不足に陥り、体調を崩す危険があります。
さらに特定の物を食べ続けるようなダイエットも栄養が偏ってしまうので体には良くありません。
健康的に痩せたいのであれば、食事制限ダイエットはしない方がいいです。
そこでおすすめなのが青汁です。
青汁はダイエットにいいと聞いたことがあると思いますがこれは本当です。
青汁自体にダイエット成分は含まれていませんが、野菜のパワーによって基礎代謝をアップすることができるのです。
基礎代謝がアップすると脂肪の燃焼も良くなり、太りづらく、痩せやすい体質になります。
しかし、だからといって青汁ばかりを飲み続けるのも体に毒です。
青汁ばかりだと逆に栄養が偏ってしまうので、1日1杯?2杯程度で十分です。
食事の前に飲むことで満腹感を与え、食事量を減らすことにも繋がります。

 

 

 

 

美味しい青汁は実在する?

青汁を飲んでみようと思っても味が気になって躊躇してしまう人もいると思います。
大半の人が青汁に対して苦いとか不味いとかクサいといったイメージを持っているのでそう思っても仕方が無いことですが、
最近の青汁はみなさんが想像しているよりは飲みやすく作られています。
青汁が健康にいいのは世の中の常識になっているので、メーカーがもっとたくさんの人に飲んでもらうために取った対策が味の改良です。
どのメーカーも味にこだわって、少しでも美味しく飲みやすい青汁飲みやすい青汁を開発しています。
抹茶風味の青汁やハチミツ味の青汁、レモン味の青汁などが販売されており、
大人はもちろん子供でも美味しく飲めるように工夫されているので野菜嫌いな人でも安心してください。
しかし、いくら味を改良しても苦手なものは苦手という人もいるでしょう。
そういった人は青汁にちょっと手を加えてみてはいかがでしょうか?
水の中に粉末を溶かして飲むというのがスタンダードですが、牛乳や豆乳で割るというのも1つの方法です。
牛乳や豆乳で割ると抹茶ミルクのような味になり、格段に飲みやすくなります。
抹茶風味の青汁の場合は特にこの飲み方がおすすめです。
そして、アイスクリームやヨーグルトの中に混ぜるというのも美味しいので試してください。
便秘解消には