栄養価の高い青汁は?

レモンの青汁

レモンの青汁は栄養価の高さに定評があるケールを主原料として作られた青汁です。
ケールは野菜の王様とも呼ばれるほど多彩な栄養を備えており、様々な青汁に使用されています。
ただ、これまでケールは味にクセがあるため、含まれていてもそれほど割合が多くありませんでした。
多いものも確かにありますが、飲みづらいということで敬遠されがちでした。
そんな中でレモンの青汁に含まれているケールは75パーセントです。
これは非常に割合が多く、他の青汁では考えることはできません。
それでいて飲みやすいというのがレモンの青汁の特徴なのですが、それを可能にしているのがレモンです。
レモンがたっぷりと含まれており、ケールが持つ独特の臭みや苦味を和らげてくれています。

また、レモンは何も飲みやすくするためだけに配合されている訳ではありません。
1日2袋分摂取するだけで、1日に必要なビタミンC量を補うことができるのです。
緑黄色野菜の栄養と豊富なビタミンCを一緒に摂取できるので健康思考の方や美肌になりたい方におすすめの青汁だといえます。

そして、水に溶かすとすぐに溶けだし、さらりと飲めるというのもレモンの青汁の魅力です。
野菜嫌いな方でもレモンが与える爽やかな飲み心地のレモン青汁なら飲み続けることができるはずです。

 

Page top

 

脱毛エステサロン
全身脱毛