栄養価の高い青汁は?

本搾り青汁ベーシック

栄養価の高さで青汁を選びたい場合、外すことができないのがファンケルの本搾り青汁ベーシックです。
緑黄色野菜の1日の摂取目標は120g以上だといわれていますが、この量を摂取している人はほとんどいません。
特に若い世代になるとこの数値を遥かに下回っており、深刻な野菜不足に陥っているといっていいでしょう。
しかし、だからといってすぐに野菜不足をすぐに解消することは不可能です。
食べようと思ってもなかなか1日120g以上の緑黄色野菜を食べるのは難しいですよね?
そこで登場するのが本搾り青汁ベーシックです。

ファンケルの本搾り青汁ベーシックは約40gのケール生葉がスティック1本に含まれており、手軽に緑黄色野菜量を摂取できます。
コップ1杯でみかん1個分のビタミンC、ピーマン2個分のビタミンE、トマト0.7個分のβカロテン、人参1本分のルテイン、牛乳50mlのカルシウム、レタスの葉4枚分の食物繊維を補うことが可能です。
青臭さがなく飲みやすい味に仕上がっているため、大人だけではなく子供の野菜不足にもおすすめの青汁です。
さらに1本約13kcalと普通の野菜ジュースよりも低カロリーなのでダイエットに励んでいる方の栄養補給にも最適な飲み物です。

 

Page top

 

脱毛エステサロン
全身脱毛