飲みやすい青汁は?

極の青汁

美味しく飲みやすい青汁といえば極の青汁だとっていいでしょう。
極の青汁はみなさんご存知の飲料水メーカー「サントリー」が開発した商品です。
大手メーカーが作り上げたこともあり、味は青汁の中でも群を抜いています。
その美味しさの秘密は粉末の小ささに隠されています。
一般的な青汁の場合、粉末が大きく荒いため、水の中に入れてもなかなか溶けず、ザラザラした口当たりになることが多いですし、独特の苦味やクセがダイレクトに感じてしまいます。
一方、極の青汁は粉末が小さく溶けやすいため、ザラザラ感がありませんし、苦味やクセも感じづらいです。
水だけではなく、牛乳やヨーグルトの中に入れても美味しく召し上がることができます。

そして、もう1つ美味しさには秘密があり、それは宇治産煎茶と抹茶の配合です。
宇治産煎茶と抹茶を加えることによって、クセの強い風味が上品な優しい風味に変わります。
飲み口も軽く、ストレスなく飲めるように仕上がっています。
さらにスティックタイプなのでどこへでも持ち運ぶことができるというのも極の青汁の魅力だといっていいでしょう。

また、飲みやすいと栄養価が心配になるかもしれませんが、野菜の栄養がふんだんに詰まっているので安心してください。

 

Page top

 

脱毛エステサロン
全身脱毛